2014レポート



2014年3月公演は大盛況のうちに無事終了致しました。

 

全ての関係者と全国のあしながさんのご支援に心より感謝申し上げます。感動のステージのレポートと関係者の声をお届けします。

ご報告

仙台公演(3月13日)

東京公演(3月20日)


ヴァッサー大生マリンダの見た「世界がわが家」

ピックアップ感想!

出演した子どもたち

ウガンダキッズ

(10歳)

舞台の大きさに驚いたが、皆で力を合わせてベストなダンスと歌が披露できた。とても人見知りな性格だったが日本では一番の友人が出来た。

(伯母より)彼が日本に行くことが出来たことで家族が変わった。不可能なことは何もないと思えるようになった。

太鼓隊

(出演時中学3年生)

不安もいっぱいあったけど、皆さんにサポートして頂いたお蔭で、笑いあり、泣きありの公演になって、震災があって本当に大変だったけど、それ以上の達成感や思い出を作ることが出来て本当に良かったです。

コーラス部

(出演時大学4年)

コラボレーションを通じて「教育」に関する理解と、それが人々の人生にどんな影響をもたらすのかという認識が全く変わりました。私はずっと快適な生活を送ることが出来ましたが、それが当たり前ではない事に気づかされました。


コーラス指導者 クリスティーン・ハウレットさん

最も意義深いと感じた事は、出演者全員ーヴァッサー大学コーラス部、ウガンダキッズ、和太鼓隊ーがそれぞれのやり方で一致協力出来た事でした。各々が自分の強みを活かして協力し、私たち全員が一体となった時、このプログラムは初めて形になりました。

*クリスティーンさんはヴァッサー大学の音楽担当准教授兼コーラス部の監督です。

太鼓指導者 佐藤三昭さん

ウガンダの子ども達やニューヨークの大学生達と共に合宿を重ね、全ての心配事は一気に晴れ渡り、友情と共有と理解が深まりました。公演はまさに「世界がわが家」になりました。みんなの瞳が輝きました。

ナレーター 音無美紀子さん

「世界が我が家」の公演の興奮がまださめやらない私です。

このステージは演出のジョンケアード氏の魔法による奇跡でしょう!

このショーのナレーションと言う大役をやらせて下さった事に心から感謝しています。こんなにも感動の涙を流した事はありません。

応援メッセージ!

今回の音楽会は、途方もなく大きな物語を見せてくれました。その物語とは、100年前のあしながおじさんに始まった、「遺児のためのケアと教育」という、無名の人々が紡いできた物語でした。

 

心を打ったのは、音楽の美しさだけではありませんでした。

それは、この物語の真ん中にいる子どもたちが一生懸命に生きる姿であり、50年以上にわたって遺児のために働いてきた玉井さんという人のひたむきさであり、そして何よりも、観客席にいる自分たち自身が、その物語の一員である、ということでした。映画やドラマで流れていくつくられた物語とは全く違いました。自分の人生と地続きで繋がっている、大きな物語への感動でした。

 

あしなが育英会OB / あしながウガンダ評議員 渡邉文隆

100年構想の幕開け

公演パンフレット

公演パンフレット 表紙
世界がわが家 公演パンフレット.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB